施設概要

外観写真
  • 自然を愛し科学する心。
  • 生命の大切さを感じる心。
  • 郷土を愛し誇りに思う心。

鶴岡市自然学習交流館では、3つの心を育むため、自然に親しみながら楽しく学べる学習プログラムを展開し、自然環境の保全活動の仕組みを構築します。また、調査や資料収集を行い自然に関する情報提供活動を行います。さらには、他施設や他地域との交流促進を深めていきます。

館内のご案内

館内図
 
※名称クリックで写真と案内表示

自然学習交流館は、下池に飛来する鳥類の飛行経路を妨げないよう、下池の東側、都沢湿地の北側に配置された建物から、湿地・野鳥の観察ができるようにし、下池や周囲の山なみの眺望が楽しめるように設計されています。また、鶴岡産の木材を利用し、木のぬくもりとともに柱、梁材の力強さが感じられる空間となっています。

1階はゆっくり休憩したり、交流を深めたり、企画展示や情報を提供するゾーンになっています。中央部には、薪ストーブを置き、来館者がまったりくつろげる空間があります。

2階には、40名程度が学習したり会議ができる「学習交流室」、さらにあがっていただくと、下池湖面や都沢湿地が望める「展望スペース」があります。

館内写真

建物について

  • 構造・階数/木造2階建て
  • 建築面積/335.78平方メートル
  • 延べ床面積/412.59平方メートル
         (1階280.00平方メートル、2階132.59平方メートル)
  • 最高高さ/9.143メートル

都沢湿地について

  • 面積/約7.7ha
【愛称「ほとりあ」命名由来】
大山下池の"ほとり"に、自然を(あ)愛する、人が(あ)集まる場所であってほしいとの願いが込められています。
このページの上に戻る
庄内自然博物園構想とは
 
施設概要
 
利用案内
 
自然環境
 
サポーター広場
 
イベント情報
 
関連リンク
 
積み木の部屋。鶴岡の木で作った積み木で遊ぼう
 
ほとりあフェイスブックページ
 
当サイトに掲載されている写真・記事等の無断転用を禁じます。
Copyright © 2012 Tsuruoka City Community Nature Study Center. All Rights Reserved.
 
学習交流室 展望スペース 太陽光パネル 学習資料整理室 展示休憩室 まったりルーム みんなのトイレ 玄関ホール 事務室